自動車学校どこ通う?@横浜市 » 指定自動車学校と届出自動車学校のメリットデメリット

公開日:|最終更新日時:

指定自動車学校と届出自動車学校のメリットデメリット

指定自動車学校と届出自動車学校は何が違う?

横浜市内には、普通自動車免許の講習が受けられる自動車学校が15校あります(学科のみのスクールは除く)。そのなかには、「指定自動車学校」と「届出自動車学校」といった区分があります。いずれも免許を取得するためのスクールであることには変わりないのですが、いったい何が違うのでしょうか?

いちばんの違いは、「公安委員会から指定されているか」という制度的な点があります。

指定自動車学校とは、自動車免許の交付を行う公安委員会から「指定を受けている自動車学校」のことです。これに対して届出自動車学校は、公安委員会に「届出をしている自動車学校」になります。

指定自動車学校は、教習指導員(指定自動車教習所指導員)や技能検定員といった国家資格を持つ教官の在籍が義務付けられるなど、人員や規模、設備に一定の制限がかけられています。

一方の届出自動車学校は、運転免許以外の資格を持たなくても開校でき、規模や設備などもある程度自由が認められているという違いがあります。

通うならどっち?それぞれのメリット・デメリット

指定自動車学校のメリット・デメリット

指定自動車学校に通ういちばんのメリットは「技能試験が免除される」ことです。

自動車免許を取得するには、運転免許試験場(横浜なら二俣川の「運転免許センター」)で行われる学科試験と技能試験の2つをクリアする必要がありますが、指定自動車学校に通い卒業証明書を取得すれば、技能試験が免除されます。これは、国家資格である技能検定員が、自動車学校の卒業検定で技能を厳格にチェックしているからです。

一方、学科も実技もしっかり教えることになりますから、「教習料金が高くなる」という点がデメリットとなります。

届出自動車学校のメリット・デメリット

届出自動車学校に通う最大のメリットは、「教習料金が安い」ことです。教育スタイルも自由で、なかには学科講義をDVDなどで行っている学校もあります。また、技能については運転免許試験場や他校の車やコースを使っているところもあるようです。

自由である一方で、届出自動車学校では仮免許試験や卒業検定を独自に行うことが認められておらず、運転免許試験場で学科試験と技能試験を受けなければなりません。試験の手続きなども自分で対応する必要があり、「手間がかかる」という点がデメリットといえます。

試験で不合格となれば補習もしてくれますが、教習費用が別途かかるスクールもあります。「基本料金は安いけど、補講を何度も受けたら指定自動車学校に通うより高くなった」というケースもありますので、トータル費用を見積もったうえで学校を選ぶのが賢明です。

       横浜市北部の
青葉区、緑区、都筑区、港北区にある

おすすめ自動車学校3選

▼スクロールして確認ができます▼

鴨居自動車学校 コヤマドライビ
ングスクール横浜
青葉自動車学校
Google
口コミ評価
4.1 3.4 3.1
AT料金に
安心オプション
を付けた金額
¥289,980
(学生料金)
¥294,516
(学生料金)
¥298,080
(学生料金)
アクセス
最終営業時間
鴨居駅から徒歩3
9時迄
綱島駅から徒歩9分
9時半迄
藤が丘駅から徒歩7分
夜8時迄

公式サイトへ

電話相談する

公式サイトへ

電話相談する

公式サイトへ

電話相談する

※指定13校のGoogle口コミ評価平均値は3.03点(2019年7月末時点における横浜市の全指定自動車学校13校の各学校の評価点数×口コミ投稿数の合計値を指定13校の総口コミ数で割り算出)
※上表はGoogleの口コミ評価3.03点以上、学生のAT料金が30万円以下(税込み。2019年8月時点)の横浜市北部(青葉区、緑区、都筑区、港北区)の自動車学校をピックアップし比較しています。
※安心オプションをつけると技能教習で再受講になっても追加料金(\4,000程度)が発生しません。(上記は2019年8月度の金額 消費税込み)

ドライブ画像

横浜市北部(青葉区、緑区、都筑区、港北区)の自動車学校の「クチコミ・評価」「料金」「通いやすさ」を徹底比較!

横浜市でおすすめの
自動車学校3選を
チェックする