公開日: |最終更新日時:

自動車免許の一発試験

自動車免許を取得する方法として、教習所に通う方法の他に「一発試験」と呼ばれる方法も存在します。一発試験とはどんな方法なのか、合格の難易度などもチェックしていきましょう。

自動車免許の一発試験とは?

自動車免許を取得する場合、自動車教習所を利用して学科と技能の講習を受けたのちに合格を目指す方法が一般的。一発試験とは、自動車教習所に入所せずに最初から直接運転試験場や運転免許センターへ行って、学科と実技試験を受験する方法を言います。

自動車教習所に通えば運転試験場や運転免許センターでの実技試験は免除されますが、学科試験は教習所に通ったところで受験する必要があります。

一発試験では、学科試験だけではなく技能試験も試験場や免許センターで受験することになります。教習所に通っても一発試験で合格しても、交付される免許証は全く同じものです。

あらゆる段階を省いて本番の受験をする方法であるため、「飛び込み試験」という呼び方でも知られています。

自動車教習所との違い

自動車教習所との大きな違いは、普通自動車免許証を取得するまでの過程や時間です。自動車教習所に入所する場合は、適性検査を受けてから学科26時間と技能34時間を受講し、各都道府県の免許センターや試験場で受験することで、免許証が交付されます。

これに対して一発試験の場合、自動車試験場や免許センターで仮免許の取得をするところから始め、その後で本免許の学科試験や実技試験を受けることになります。試験内容に誤差はありませんが、教習所に入所する時間や費用を大幅に節約することが可能です。

一発試験の注意点

時間や費用の節約にはなるものの、合格率は10%以下と非常に難易度が高い点に注意が必要です。教習を一切受けずに受験するわけですから、運転技術や知識をある程度持っていないと合格は不可能と言えるでしょう。

また、試験官は警察官が務めるために審査基準が厳格で、初心者には厳しい試験になりがちです。

一発試験を受けるのはどんな人?

一発試験を受験するのは、短期間で運転免許を取得したい人や、運転・車の操作に慣れている人です。練習をサポートしてくれる人が身近にいて、練習できる環境があれば可能となるでしょう。非公認の自動車学校を利用した人なども、一発試験にチャレンジしています。

また、他の運転免許を持っている人や、過去に免許を失効した人が受験する場合もあります。病気やケガ、災害などで更新手続きができなかった人も含まれます。

       横浜市北部の
青葉区、緑区、都筑区、港北区にある

おすすめ自動車学校3選

▼スクロールして確認ができます▼

鴨居自動車学校 コヤマドライビ
ングスクール横浜
青葉自動車学校
Google
口コミ評価
4.1 3.4 3.1
AT料金に
安心オプション
を付けた金額
¥289,980
(学生料金)
¥294,516
(学生料金)
¥298,080
(学生料金)
アクセス
最終営業時間
鴨居駅から徒歩3
9時迄
綱島駅から徒歩9分
9時半迄
藤が丘駅から徒歩7分
夜8時迄

公式サイトへ

電話相談する

公式サイトへ

電話相談する

公式サイトへ

電話相談する

※指定13校のGoogle口コミ評価平均値は3.03点(2019年7月末時点における横浜市の全指定自動車学校13校の各学校の評価点数×口コミ投稿数の合計値を指定13校の総口コミ数で割り算出)
※上表はGoogleの口コミ評価3.03点以上、学生のAT料金が30万円以下(税込み。2019年8月時点)の横浜市北部(青葉区、緑区、都筑区、港北区)の自動車学校をピックアップし比較しています。
※安心オプションをつけると技能教習で再受講になっても追加料金(\4,000程度)が発生しません。(上記は2019年8月度の金額 消費税込み)

ドライブ画像

横浜市北部(青葉区、緑区、都筑区、港北区)の自動車学校の「クチコミ・評価」「料金」「通いやすさ」を徹底比較!

横浜市でおすすめの
自動車学校3選を
チェックする